消費者金融審査甘い

最終更新日 2016.8.7

消費者金融の中でも一番審査が甘いキャッシングローンをお探しの方!

消費者金融で借入する際の審査に落ちてしまうと信用調査会社のデータに残ってしまうので、確実に審査に通る金融会社で借りるようにしましょう。確実に借りるためには、自分の状況(他社借入件数)に合致した消費者金融審査甘いローンを選択することです。借入件数が4件以上あるような方ならば、審査基準が激甘キャッシングで申し込むべきで、逆に借入件数が3件以内であれば大手銀行系の消費者金融で借入するべきです。

 

0激甘金融から大手大小消費者金融まで
消費者金融一覧表

 

一昨年施行された総量規制の影響で審査基準がずいぶんと厳しくなってしまいました。年収の三分の一以上借金がある方や専業主婦への融資が規制されたのです。これにより、多重債務者の自転車操業が事実上不可能となったことから、自己破産をする人も少なくありません。しかし、将来確実にお金が入ってくる予定のある方などは、債務整理をするよりは融資が可能なところでお金を借りてその場を凌いだほうがよいでしょう。貸金業に登録していない闇金融業者ならば、総量規制の対象外ですので、融資が可能です。

 

アメリカ投資銀行業界で進展する合従連衡は、1997年はじめのモルガン・スタンレーとディーン・ウィッターの合併によってのろしがあげられました。同年のトラベラーズとシティコープの合併は、新たな金融コングロマリット時代の到来を感じさせる事件となったのです。またこの前後に、ヨーロッパのユニバーサル・バンクがアメリカの投資銀行を買収する動きや、米国の商業銀行が投資銀行業務を強化する動きなどが活発になっていきました。なかには、アレックス・ブラウンを買収したバンカーズ・トラストがドイツ銀行に買収されるなど、投資銀行を丸ごと飲み込んでしますような買収もたびたび起こっていますが、これは最近の特徴です。こうした買収・合併の結果、新規公開を得意とする中堅投資銀行がすべて他の金融機関の傘下に入り、伝統ある大手投資銀行がヨーロッパ金融機関の傘下に入るなど、投資銀行界の地図もかなり塗り変わったということがいえるでしょう。一連の再編は、大別して2つの金融機関経営における潮流を反映したものであるといわれています。

 

多重債務者でもキャッシング

借入審査に落とされた理由の大半は、現在の借入件数と借金の総額にあります。借入件数が5件以上もある多重債務者が大手銀行系の消費者金融で融資を受けようとしても、それは到底叶うものではありません。大手の金融会社のほうが金利も低いし、全国の金融機関ATMを使えることから何かと便利なものですが、厳しい審査をクリアしなくてはなりません。当サイトをご覧になる方はたいてい多重債務者かと思いますので、ブラックでも融資可能といった消費者金融審査甘いローンをお奨めします。

 

資産の格差拡大はますます大きくなっています。勤労者世帯の貯蓄額、つまりサラリーマン世帯の平均貯蓄額はバブル崩壊直後の1990年代前半、400万円以上600万円未満の貯蓄額が最も多かった。次に多いのが200万円以上400万円未満の層でした。それぞれ全勤労者世帯の約15%ずつです。これが当時のサラリーマン世帯の主流層だったと考えてよいでしょう。

これに対して2002年になると200万円未満の貯蓄額の突出ぶりが目立つようになります。この当時になると200万円未満を中心とする「少額貯蓄世帯」が主流になってしまっているのです。もう少し詳しく見てみると、400万、600万,800万とピラミッドを上がっていくように減っていきます。2000万円前後の層を見てみると、90年代後はこの層もかなり厚かったのですが、2002年には相当減っています。いわゆる中流層が下方へと地滑りを起こしているといえるでしょう。一方で、3000万円以上、特に40000万以上の貯蓄を持つ世帯は逆に増えています。これはつまり中産階級が脱落して貧しい人たちがどんどん増える一方で、一部の金持ちはますます金持ちになっているということです。二極分化は当時すでに進行していたのです。

 

各種金融サービスの紹介

エイワ消費者金融、おまとめローン、消費者金融即日、グレーゾーン、過払い、総量規制、ブログレス、総量規制対象外などの消費者金融は概ね、審査が甘い金融会社に分類されます。

 

基本的にサラリーマン金融はその名のとおり、サラリーマンを相手にお金を貸付するものですが、最近ではアルバイトやパートでも貸し出しをしている金融業者もあります。ただ正社員とは違い正規雇用ではありませんので、その分限度額は低く設定されるのが常です。正社員が50万円としたら、アルバイトやパートは10万円が限度額と考えて下さい。

 

無審査キャッシングの宣伝をしているサイトがありますが、無審査で貸出するような金融業者は絶対ありません。あるとすれば、保有しているクレジットカードを利用した現金化です。クレジットカードを保有していることが前提になりますので、カードがなければ貸してくれないでしょう。もっとも、このクレジットカード現金化はお金を貸すというよりは、カードで購入した商品を買い取ってもらっているだけで、大変な損をしていることを認識しましょう。


inserted by FC2 system